スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
4月2日(木) 快作です。
090402_181107_Ed_M.jpg
『観劇日誌』
『ムサシ』(作:井上ひさし 演出:蜷川幸雄)彩の国さいたま芸術劇場
出演 藤原竜也 小栗旬 鈴木杏 白石加代子 吉田綱太郎 大石継太 辻萬長 ほか
面白かった。まず、この一言。井上さんのこれまでにない快作です。
とにかく出演者の技量の高さに圧倒されました。藤原さん小栗さんの存在感の大きさ、鈴木さんの豊かな表情とクリアな声、白石さんの怪優ぶり、吉田さんの台詞術、大石さんの軽妙さ、そして辻さんの劇場全体を包み込むような声、素敵な俳優陣です。
藤原さん小栗さんという大人気の二人を武蔵と小次郎におくというところが痛快。「お通」は出てくるのか、だとすれば鈴木さん?それとも白石さん?こんな予想も楽しいところ(答えは是非劇場でお確かめ下さい)
これまでの井上作品からまた新たな作風にチャレンジかと思われるほどです。
初期の作風を思い出されるのですが、出演者は近年の作品通り少人数。とってもヴォードビル。時にはドリフを彷彿とさせるかのようなばかばかしさも加わって、3時間半飽きることがない。そして、ラストにはちゃんと人間賛歌を置いている。
久しぶりに笑った。素直に観て笑った。心地良く、快い時間でした。

スポンサーサイト
【2009/04/03 14:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<4月3日(金) 気分転換 | ホーム | 4月1日(水) 嘘じゃありません。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://521359.blog60.fc2.com/tb.php/80-41761406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。