スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
9月12日(月) 世間は狭いです。
「観劇日誌」

グループAKT.T+ぐるっぽ・ちょいすプロデュース
『K・リア』~ヒメミコタチノオハナシ~
作:W・シェイクスピア 訳:小田島雄志 翻案・演出:青柳敦子
三鷹・武蔵野芸能劇場

エコーの演出部に所属する青柳さんと、辻萬長さんのご子息辻輝猛さんがコラボレーションし、京都府・京都文化財団主催のシェイクスピアコンペに出品した作品が優秀賞を得たことから作られた演目です。

エコーの若手が大勢出演しているのに加えて、新国立でご一緒した小長谷勝彦さんが出演していました。

辻輝猛さんとは、萬長さんのお宅でホームパーティーをがあったときにお会いしたことがあります。

そんな、とても縁の深い皆さんが関わっている芝居です。

「リヤ王」の話しはとてもよく知られたものです。このようなものを新たに作り出すときにどこに焦点を当てるのかは大切な演出プランです。
そして、観客をどんな趣向で楽しませるかも重要。

とても勉強になった時間でした。

P2011_0912_224222.jpg

きょうは‘中秋の名月’。

『お月さまへようこそ』の稽古も順調に進行しています。








スポンサーサイト
【2011/09/12 20:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<9月13日(火) 才女二人。 | ホーム | 9月11日(日) 毎月、そして半年。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://521359.blog60.fc2.com/tb.php/527-ad7d22da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。