6月17日(金) 一日の長。
テアトル・エコー第7期研修生のレッスン。

チェーホフの「弱き者」
主人と家庭教師の二人芝居です。
元々は男と女性教師ですが、研修生の男女のバランスもあって女性同士のチームもあります。
ニール・サイモンの「名医先生」では女主人に家庭教師になっているので、それもありなのです。

P2011_0617_144039.jpg

稽古場のあちらこちらでそれぞれのチームがリハーサルをしています。

みんな、少しずつチェーホフの面白さを感じ始めているようです。

夜は、笹塚で観劇です。

観劇日誌
劇団軌跡VOL.15 十周年記念公演その2
『ラスト・ステージ』『アロハ色のヒーロー』(作:高橋いさお 演出・振り付け:久賀健治)
笹塚:笹塚ファクトリー

今年テアトル・エコー第6期研修生を卒業した田中荘子さんが出演。
他にも、賢プロの現デュオ12期生中川子さん、その先輩で今年から賢プロの預かりになった桜井翼くんも出演ということで見てきました。

皆さん、とてものびのびと楽しそうに演じていたのが印象的でした。

荘子さんは、しっかりと声が出ていたなあ。
翼くんも素敵に舞台に立っていたし。
子さんはとても楽しそうでした。

デュオ生の皆さん、エコーの研修生のみなさん、先輩達はキラキラしていますよ。
スポンサーサイト
【2011/06/18 16:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<6月18日(土) 縁。 | ホーム | 6月16日(木) 声色々。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://521359.blog60.fc2.com/tb.php/454-a75c2c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |