5月11日(水) 幸せを感じるとき。
あの震災からふた月が経ちました。
いまだに行方がわからない方が大勢いらっしゃることに、とても心が痛みます。
毎日、被災地の方々の事を思いながら、もしかすると明日は自分が、と考えない日はありません。
だから、精一杯今日を生きなくては。

さて、今日は杉並ワークショップ“てあとる・しだい”のレッスン日。

今日の課題は二つ。

まずは草野心平さんの「ごびらっふの独白」
これって、蛙の言葉なんですって。
といっても、蛙が言葉を話すわけではないので作者の造語ですが、これがなかなかおもしろいものです
。作者自らの日本語訳まであります。それを読むと、蛙がとっても高い志でものを観ていることがわかります。
これを読んでみる。それもいろいろな読み方で。
フランス語のように、選挙演説のように、ブリッ子のように、・・・。

みなさんの反応がいいので、とてもおもしろいものになりました。

そして、しばし休憩。

メンバーのヤマグチさんからチョコレートの差し入れが。

P2011_0511_200712.jpg

「いただきま~す!」と輪の中の(なぜか床に置いてあります)チョコに手を伸ばしたのは、リーダーのクラタさんです。

そこへ、先日公演を済ませたアサカさんがやって来ました。グッドタイミング。
さらに差し入れが!
それも、ゴディバのクッキー。

休憩後はもう一つのテキスト、イソップ物語から「田舎のネズミと都会のネズミ」

P2011_0511_205142.jpg

こちらも先ほどのように色々な読み方に挑戦して、最後にはみんなの前で発表です。

しだいのメンバーの、ワークへの柔軟性と個性の豊かさがとにかく素敵です。
そしてなにより、皆さんおもしろい!

大いに笑った夜でした。


<今日の一冊>
ポール・ギャリコ『ひとひらの雪』
スポンサーサイト
【2011/05/12 02:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<5月12日(木) カメでもいいさ。 | ホーム | 5月8日(日) ハレの日。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://521359.blog60.fc2.com/tb.php/425-ebee88c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |