6月18日(木) やっと書けます。
5月某日。以前、シアターΧで上演した「構造欠陥」、ご覧いただいた方もいらっしゃるでしょう。そのときの主催者ITIの小田切さんからリーディング公演のお話をいただきました。
時期は8月初旬。ところは沖縄とか。その直前がこまつ座『兄おとうと』の初日で中旬からは新国立『ヘンリー六世』の稽古が始まるが、なんとか時間は都合が付きそうなのでお受けすることにしました。今回の沖縄での公演はキジムナーフェスタの一環で、はじめてリーディングを企画したとのことです。作品は二本ともイギリスの劇作家のもので、そのうちどちらをやりたいかと聞かれたので、16歳の少女二人の作品『ハンナとハンナ』にトライすることにしました。イギリス人のハンナとコソボ難民のハンナの物語。とっても面白い、興味深い作品です。
お話をいただいたときはまだ出演者が決まっていなかったのですが、打ち合わせでいろいろ話し、その後制作の中山さん連絡がありました。
「出演者が決まりました。マナカナちゃん達です!」
・・・なんということでしょう。
じつは、この3月まで半年間、何故かお二人の出演していた『だんだん』をずーっと見ていたのです。それまで朝ドラを見ることもなかったのに、この番組は録画までして全話見てしまいました。そのことが不思議でならなかったところに今度の話。番組では竹内まりやさんの「縁の糸」という歌が主題歌でしたが、なにやら“えにし”を感じてしまいました。
初めてお二人にお会いした時もどちらが茉奈さんで、佳奈さんか一目でわかったし。キャスティングも迷うことがなかったし。このための朝ドラ制覇だったのかも。

そのときに資料としていただいたものです。
090520_004511.jpg
なんだか、ファンクラブ入会みたいですね。

稽古はとても順調です。
この作品は劇中の歌がとても重要なので、歌も歌うリーディングになっています。
これからも、記事を載せていきますね。

やっと書けました。
スポンサーサイト
【2009/06/19 17:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<6月20日(土) 今年もやって来ました。 | ホーム | 6月18日(木) まとめてパート3。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://521359.blog60.fc2.com/tb.php/112-d3745c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |