7月31日(火) 刺激を受けます。
「観劇日誌」
今月はまとめて

劇団あかぺら倶楽部
『Funny Money』(作:レイ・クーニー 演出:中村伸一)
下落合:TACCS1179
エコーでもお馴染みのレイ・クーニー。来年春には「Run For Your Wife」を再演します。コメディの定石をふんだんに盛り込んだクーニー作品はやはり面白い。だからこそ、喜劇を演じる俳優の力量が大切です。

新宿サニーサイドシアター企画7月公演
『闇の光明・代用感情』(作:ベルトルト・ブレヒト 演出:中野志朗)
新宿:新宿サニーサイドシアター
テアトル・エコー第6期研修生卒業の梅原文香さんが出演。
いきなりブレヒト作品に挑戦とは!
台詞は多くないけれど、全力で作品に向かう姿が眩しく感じました。
ブレヒトも面白い作品です。

ala Collection シリーズ vol.5
『高き彼物』(作・演出:マキノノゾミ)
吉祥寺:吉祥寺シアター
新国立劇場公演『山の巨人たち』でご一緒した細見大輔さん、田中美里さんが出演。
以前から是非観たいと思っていた作品でした。

テアトル・エコー研究生公演
『1・2・3』(作・演出:鈴木真理子)
恵比寿:テアトル・エコー5F稽古場
劇団の若手が力をつけるための自主企画公演です。
去年劇団に入団した新人を中心でしたが、先輩達には一日の長を感じました。
どんどん挑戦して、大きくなってほしいです。

新国立演劇研修所第6期生試演会①
『抱擁家族』(原作:小島信夫 脚色:八木柊一郎 演出:西川信廣)
6期生が入所したての一年目にシーンスタディのレッスンしました。題材は『もやしの唄』先日の公演もみなさん観に来てくれました。あれから二年、みなさんとてもたくましくなっていました。研修集大成の三年目、これからが楽しみです。

ワンツーワークス#7
『みんな豚になる-あるいは「蠅の王」』(作・演出:古城十忍)
吉祥寺:吉祥寺シアター
以前ご一緒したことのある武田竹美さんが出演。

スポンサーサイト
【2012/07/31 23:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ