スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
11月27日(金) 楽しみました。
ついにこの日がやって来ました。

『江戸四季巷色彩 其の二』 
11月27日(金) 13時開演 
日本橋:お江戸日本橋亭 

091127_152416_Ed_M.jpg
演目は、<第一部>『お千代』(池波正太郎)・『時雨鬼』(宮部みゆき)<第二部>『驟り雨』(藤沢周平)
091127_122745_M.jpg
第一部に出演されたお二人です。

私が読んだのは『驟り雨』
先のお二人が純粋の朗読(じっと座って読むことができるなんてスゴイ!)だったので、わたしはかなり芝居仕立てに組み立てて読んでみました。

客席は満員のお客様で、みなさんとても喜んでくださいました。
『驟り雨』がこんなに笑える話だったなんて!とおっしゃってくださった方もいらっしゃいました。笑えて泣ける作品なのでうれしいひと言でした。今回は自分が楽しもうと思い、いろいろと工夫してみた甲斐がありました。

お客様から拍手をいただくのはやっぱり気持ちのいいものですね。
けれど、とっても緊張しました。
無事終わってホッとしました。

お越し下さいました皆様に心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。



スポンサーサイト
【2009/11/27 00:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。